工作機械 移設アンカー打ち、精度調整、主軸セルフ研磨 TGMにすべてお任せください!

HOME>会社紹介>主軸セルフ研磨

主軸セルフ研磨

その主軸、振れていませんか?

スピンドルの振れによる主な症状…
工具が振れている
精度が出ない
径補正が安定しない

長年の使用により主軸テーパー内の当たり面が悪くなります。
その状況で工具をクランプいたしますと、工具が傾いた状態で回転いたします。

主軸セルフ研磨で精度を復元!

テーブル上に研磨機を設置し、主軸セルフ研磨いたします。
作業時間は半日~1日程度です。
研磨機にてテーパー角度、切り込み量の調整をする為、御社保有機械のレベル、テーブル上面等の精度が出ていなくても修正可能です。
角度、切り込み調整はミクロン単位で行いますので削りすぎてしまった!などのミスは起こりません。

主軸セルフ研磨の流れ
画像(主軸の振れを測定)

主軸の振れを測定します。

BT30 150mm
BT40 200mm
BT50 300mm

画像(主軸を研磨)

主軸を研磨していきます。

角度を見ながら慎重に

画像(テーパーゲージで当たりを測定)

テーパーゲージにて当たりを測定します。

画像(工具クランプ力を測定)

工具クランプ力を測定します。

画像(主軸の振れを測定)

主軸の振れを測定します。

サービス内容
主軸セルフ研磨»
精度調整»
移設工事»
業務ブログ更新中
ページのトップへ戻る